性癖マッチンでレコメンドされない状態から2ヶ月でAランクになった出来事を全て話そうと思う

性癖マッチンでレコメンドされない状態からAランクになった話

性癖マッチンを登録したばかりの裏垢男子のみなさん、レコメンドがされないのはどうしてなんだろうとお悩みではありませんか?

イブゾー
イブゾー

僕も登録したばかりの頃は全くレコメンドされない状況が続きました。

この記事では、僕が性癖マッチンに登録してからAランクにまで上がるまでのアカウント運用や性癖マッチンに対する思いを全て話そうと思います。

noteでも販売開始

noteでも同じ記事を販売開始しました。
ツイートの埋め込みなどがエラーでできないため、読みにくいレイアウトですが書いてある内容は全く同じです。

結論をまず述べると、裏技やテクニックなのどのノウハウ系を期待されている方には参考にはならない記事です。

同じ札幌裏垢男子のタクさんが書いている記事と似たように、マインドセット的な内容をお伝えしていきます。

この記事の流れ
  • アカウントの生い立ち編
  • アカウント運用編
  • 番外編
  • 性癖マッチンに対する想い

5,000文字程の文章のため、上記のように分類しました。

下記の目次から読みたい箇所にジャンプして下さい。

生い立ち編:裏垢活動スタートとタクさんとの出会い

それでは僕の体験を時系列でさらけ出しながらどのようにアカウントを運用していったのかをお伝えします。

僕は今この記事を書いているように、普段はブロガーとしても活動しています。

文章を書くことに抵抗はないため、ブロガーとして本気でTwitterの裏垢を運用してどこまでアカウントが育つか挑戦してみようと思ったのがきっかけでした。

現在は凍結されてしまいましたが、2021年1月に登録した本垢があり、そのアカウントで性癖マッチンに3月中旬頃に登録。

1月の終わり頃にタクさんのアカウントを見つけ、プロフィールの書き方やツイートの内容が只者ではない雰囲気がプンプンでていました。

当時僕はフォロワー数100くらい、タクさんは400くらいだったと思います。

僕の方からいきなりタクさんにDMを送ったのを今でも覚えています。

タクさんはこの記事を読んでも分かるように、ブログの経験があるという共通点ですぐに仲良くなれました。

この出会いは、イブゾーというこのアカウントを運用していく上で一番の大きな影響を受けた事は間違いありません。

3月中旬頃に性癖マッチンに登録

タクさんは早い段階から性癖マッチンに登録をし、どんどんレコメンドされてアカウントも育っている中、僕は内心で性癖マッチンで出会えるのか?と疑問を抱いて登録を躊躇していました。

しかし、グングン目立ち始めたタクさんを見て、こんなに急成長するならやっぱり登録してみよう!と思って登録したのが3月中旬頃。

性癖マッチンに登録したその日から、レコメンドされるんじゃないかってワクワクしたのを今でも覚えています。

1ヶ月ほどレコメンドされない日々

ブログのおかげでブログ経由からフォロワーが増えたり、お会いする依頼は少しずつ増えてきたものの、レコメンドはナシ

1ヶ月ほどはレコメンドされない日が続き、タクさんに愚痴DMを送るほどでした。

5月になりレコメンドもフォロワーも急増

しかし、フォロワー数が300をこえた5月、急にレコメンドが増え少しずつ予定を組むのが難しいくらいまでになりました。

現在は少し性癖マッチンのランク付け方法が当時と異なりますが、フォロワーが300人をこえるとランクが上がるため、自ずとレコメンドされる可能性が上がります

裏垢ラジオで新たな出会いがありブースト

僕もタクさんもフォロワー数がどんどん増え、波に乗り始めていたため、5月下旬にスペースで裏垢ラジオという性に対してテーマを決めて語る、というスペースを開始。

1週間の期間限定で毎日開催し、最終日には性癖ちゃんもリスナーとして参加して下さり総勢100名以上の方が参加してくれました。

これがブーストとなり、フォロワー数も1,500人前後に増加。

マッチンのレコメンドもさらに増え、
最終的にAランクにまで成長できました。

イブゾー
イブゾー

そして本垢が凍結しました、、

現在はサブ垢として用意していたこのアカウントで細々と活動をしています。

ここまでがザックリとしたイブゾーの生い立ちや流れです。

では、ここからは僕がどのようにアカウントを運用して育て、伸ばしてきたかを全て話そうと思います。

一度購入して頂くと今後新たにコンテンツを追加した際も追加料金なしで閲覧可能です。

また、情報量が増えてきた場合は値上げもしますので今購入した方がお得になります。

タイトルとURLをコピーしました